標識と標示

標識と標示の種類について

指示標示と安全地帯について

投稿日 2015年3月22日 5:45 PM | 投稿者 めろん

「指示標示」とは、特定の交通方法を指定したり、道路交通上の定められた場所を示したりする目的で、ペイントや道路鋲などによって、道路の路面に描かれている線や記号のことをいいます。
一般にもよく見かける「横断歩道」は、歩行者が横断できる横断歩道の場所を示したもので、縞模様の白いペイントで標示されます。
「横断歩道または自転車横断帯あり」は、ドライバーから見た前方に、横断歩道や自転車横断帯があることを示しており、ひし形が2つ連なった形状を白いペイントとして標示するものです。
「右側通行」は、勾配のある曲がりくねった坂道などで、自動車が道路のセンターラインよりも右側の部分を通行できるということを示すもので、これも右向きの矢印を白色のペイントで標示しています。
「前方優先道路」は、前方で交差する道路が優先であることを予告するもので、逆三角形が2つ連なった白いペイントとして標示されます。
「安全地帯」は、主に路面電車の停留所などに用いられる、自動車が進入できない安全地帯であることを示すもので、内枠を白いペイントで、外枠を黄色のペイントで標示するものです。
これら以外にもいくつかの種類があり、道路交通法の規定を受けた命令によって、その様式が決められています。

コメントを受け付けておりません。