標識と標示

標識と標示の種類について

指示標識とは

投稿日 2015年3月22日 5:43 PM | 投稿者 めろん

「指示標識」というのは、特定の交通方法が可能であることや、道路交通上の決められた場所であることを、ドライバーに指示する目的で設置される標識のことであり、その多くは青地に白抜きで文字・記号やピクトグラムなどが描かれ、指示する内容をあらわす正方形の形状のものとなっています。
例を挙げると、「軌道敷内通行可」は、自動車が線路に沿って走っているようすをあらわした絵柄の標識ですが、これは自動車が路面電車などが走る軌道敷のなかを通行してよいということを示しています。
「優先道路」は、太い線と細い線とが交差する絵柄の標識ですが、これは標識のある道路が他の道路との比較において優先道路であることを示しています。
「駐車可」は、駐車場をあらわす「P」という文字が書かれた標識で、主に駐車帯のある路肩やパーキングメーターのある場所などに設置され、その場所での駐車が可能であることを示しています。
「停止線」は、「停止線」の文字と横線からなる標識であり、主に路面が見えにくい雪国の道路などに多く用いられ、その位置が車両が停止する場合の所定位置であることを示しています。
「中央線」は、「中央線」の文字と矢印からなる標識であり、その矢印の直下が道路の中央であることを示しています。

コメントを受け付けておりません。