標識と標示

標識と標示の種類について

規制標示と立入禁止部分

投稿日 2015年3月22日 5:44 PM | 投稿者 めろん

「規制標示」というのは、主に道路上で特定の交通方法が禁止されていることをドライバーに告げ知らせることを目的にしているものであり、路面の上に文字や数字、記号などをペイントまたは道路びょうをもってあらわすことになっています。規制という意味合いから、多くの場合ではペイントの色は黄色に設定され、ドライバーの目に付くようになっていますが、意味によっては例外的な色遣いがされているものもあります。
「駐停車禁止」は、道路の歩道のコンクリートの縁石などに、黄色のペイントで切れ目のない線が引かれているもので、この標示がされている区間内では、車両が駐車または停車をすることが禁止されています。
「駐車禁止」は、同じく縁石などに黄色によるペイントがあるものですが、こちらは途中に切れ目がある点線となっているのが特徴で、区間内での車両の駐車は禁止されているものの、人の乗り降りや荷物の積み下ろしなどの短時間の停車に限っては認められているという違いがあります。
「最高速度」は、車線の真ん中に黄色のペイントによって、速度をあらわす数字が記載されているもので、この時速を超過するとスピード違反ということを意味しています。
「立入禁止部分」は、外枠を黄色で、内枠を白色で、それぞれペイントしたもので、色遣いとしてはやや原則から外れたものにあたりますが、車両はこの標示がある場所の上を通行したり、駐車などをすることが禁止されているというものです。主に中央分離帯の役割を果たすような幅員の広い道路の中央などに配置されていることが多いサインです。

コメントを受け付けておりません。