標識と標示

標識と標示の種類について

警戒標識とは

投稿日 2015年3月22日 5:43 PM | 投稿者 めろん

車を運転する方は常に道路標識に目を配らなければなりません。道路標識にはいくつかの種類があり、止まれや通行止め等の規制標識をはじめとして、停止線等の指示標識や案内標識、警戒標識と分かれています。このうちの警戒を表す標識では道路上に危険な物があった場合に、警戒を促したり注意しなければならないことが事前に分かるようになっています。
学校、幼稚園ん、保育園等ありを示す標識は子供が歩いている様子が描かれています。学校が近くにあるということは通園や通学中の子供が歩いている可能性が高くなります。急に飛び出してくる可能性もあるので、運転者は十分注意しながら走行しなければなりません。
同じく警戒を促す標識に幅員減少があります。標識には道幅が狭くなっていく様子が簡潔に描かれています。道幅が狭くなる状態と車線が少なくなる状態は違いますね。車線が減ることを認識させるための標識は車線数減少というものになります。二つの標識は似ている印象を受けますが、良く見ると車線数減少の標識には細かい点線が描かれています。規制標識や指示標識等と違って、黄色くて四角い形になっているので分かりやすいでしょう。
他にはロータリーありや信号機あり、踏切ありといった標識があります。

コメントを受け付けておりません。