標識と標示

標識と標示の種類について

補助標識とは

投稿日 2015年3月22日 5:44 PM | 投稿者 めろん

「補助標識」というのは、通常は交通規制などを行うための本標識の真下にあわせて設置される標識のことで、規制の理由、規制される区間の指定、規制が適用される曜日や時間帯、車両の種類などを補足的に示すことを目的とするものです。
例えば、「駐車禁止」の標識の下に「日曜・休日を除く」という小さな標識があわせて設置されていれば、駐車禁止となるのは平日のみで、日曜・休日は適用されないという曜日の指定を補助的に行っていることになります。
同様に「駐車禁止」の標識の下に「ここから」とあれば、駐車禁止の規制の適用はその標識の位置から開始されるという、区間の指定をしていることになります。右向きの赤い矢印をもって、「ここから」の標識と同様に規制開始の意図が示されることもあります。
反対に、規制区間の終わりは「ここまで」という文字か、または左向きの赤い矢印が描かれた小さな標識として示されることもあり、他に青い斜線の入った丸い小さな標識も規制の終わりのサインですが、こちらは本標識の上部に標示されるのが普通です。
「通行止め」の規制標識の下に「積3t」のような標識がある場合には、最大積載量が3トン以上の車両についてのみ、この規制が適用されるということを示していますので、3トン車よりも重量が軽い普通車であれば通行することができるということになります。

コメントを受け付けておりません。