標識と標示

標識と標示の種類について

標識の役割について

投稿日 2014年11月25日 1:24 AM | 投稿者 めろん

自動車の運転をする際に必ず確認するといってもよいのが、標識です。これは、道路の機能を十分に発揮させるために必要不可欠なものであり、ドライバーに様々な情報を指ししめしてくれます。交通安全を始めとし、案内表示によって車両や人を目的地へと誘導する役割なども担っています。これらの表示の種類には大きく分けて3種類あり、「警戒」「規制」「案内」で分けられています。警戒は、主にドライバーに対して、道路などの危険な場所や注意して走行する必要がある場所を示しています。規制は、道路を利用する際に守るべきルールを示しており、最高速度などの表示がこの表示にあたります。案内は、目的地に行くためにはどの道を通れば良いのか、現在地はどこなのか、などの表示を行っています。この他にも支持、補助などの種類があり、全部では5種類存在しています。どの表示も安全を守るために重要な役割を果たしており、道路のいたるところで確認することが出来ます。ドライバーは、このような表示に対して十分な注意を払うことが必要です。表示が示している様々な情報を確認することによって、事故などの危険から身を守ることが出来ます。このような表示は、交通に欠かせない役割を果たしているのです。

コメントを受け付けておりません。