標識と標示

標識と標示の種類について

標識と標示の種類について

「道路標識」は、道路の傍らや車両通行帯の上部などに設置され、ドライバーにとって必要な情報を提供するための表示板のことをいいます。
これにはいくつかの種類があり、ドライバーに特定の場所への経路や現在位置、道路の附属施設などを案内するためのもの、特定の交通方法ができることを指示するためのもの、特定の交通方法を禁止または規制するためのものがあります。
これらに加えて、区間や日時、車両の種類などを限定したり補足的に示したりするためのやや小ぶりのものも見られます。
なかでも、ドライバーへの案内を目的としているものは、一般道に設置される場合は青色、高速道路に設置されるものは緑色の地色が原則ですが、内容をよりわかりやすくするための彩色の例外も認められています。
いっぽう、「道路標示」というのは、道路の路面に直接ペイントや道路鋲などをもって描かれ、ドライバーに必要な情報を提供する標示のことをいいます。
主に特定の交通方法の禁止を表すものと、特定の交通方法が許可されていることを指示するものとに分けられます。
禁止については基本的に黄色のペイントをもって、指示については白色のペイントをもって表現されるのが原則的な色遣いとなっています。